三浦綾子記念ページ更新報告2007年

きりこ

  2007.05.13 Sunday
しばらくネットの活動休止
 になりそうです。仕事と家庭のほうがかなり忙しくなってしまっていて、書き込む時間が、今後、しばらくとれなそうなので。でも、三浦綾子愛読者ページのほうは、きっと大丈夫だと思います。最近、昔のような雰囲気になってきたみたいだし。7月にはネットの世界に戻ってくる予定です。ではでは、また☆

 

  2007.05.07 Monday
連休中の勉強の成果…
1勝1敗というところ。でも自分の限界や欠点などがひさびさに目に見えてわかったから、感謝。自分の弱さや弱点がわからなければ、自分という人間をうまくコントロールできないもんね。今週は、仕事が終わったら、勉強に集中しようと思っています。ただ今日、明日は自由に使用かと。今日はネット喫茶へ。明日は自宅でゆっくり映画でもみようかな…。

 

  2007.05.03 Thursday
最近…
 ホームページの活動の方を、かなり縮小してしまっている感じですが、勉強の方がけっこう計画より遅れてきてしまっているので、この連休は勉強に集中する予定です。仕事の方は、忙しさがほぼ治まったけど、今度は、勉強のほうをなんとかしないと。12月の試験まで時間はまだあるんですが、スクーリングができるのが5、6月だけなので、早めに仕上げる必要があって…。

 

  2007.04.15 Sunday
三浦綾子愛読者ページについて
最近、昔のようないい感じの雰囲気に戻ってきたように思います。今日は忙しいので、ここだけ書いてネット喫茶を後にしようと思っています。

 

  2007.04.08 Sunday
教会へ復帰
 3ヶ月ぶりになりますが、自分の教会の礼拝に主席しました。言葉にできないうれしさを、ひさびさに感じました。やっぱり自分の生活には日曜日礼拝に出席することが必要なんだなと思いました。心の洗濯場、その名は教会。

 

  2007.04.01 Sunday
知り合いの信徒の方が召天
 3月29日に私が1年4ヶ月ほどお見舞いしてきた、信徒の方が召天されました。その方は召天されるまでにさまざまな困難があり、召天の時も、ご家族が間に合わず、はた目から、あるいは看護婦さんの目から見たら、不幸な最期だったのかも知れません。険しい顔でお亡くなりになっていたと聞いたからです。でも、教会へ運ばれて十字架の下に安置されてから、すごく安らかなお顔になられて、1年4ヶ月ずっと来たくても病気のためにこれなかった教会へ来れたことを、きっと喜んでいるから、なんだろうなと思いました。「教会へ、これてよかったですね。おめでとうございます。」私は、祈りながら、心のなかでそう呟きました。賛美歌の「主よ、みもとに」にあるように天翔けゆくつばさを与えられ主の通った道を天まで凱旋された、信徒の方ににアーメン!

 

  2007.03.23 Friday
投稿及び勉強開始
 火曜日時間がとれなかったので、今日三浦綾子愛読者ページへの投稿をしました。それと先日、今年受ける予定の国家試験の対策講座に申し込みをして学費を払いました。12月までの長丁場の勉強になるけれど、余裕を持って進めていけたらなどと思っています。法律の勉強初めて、今年で5年目。今年受ける国家試験に合格したら、念願の某国家試験の勉強をやってみようかと。去年、一年ほど勉強はサボってしまったので、その眠りを覚ますための通過点として今年の試験勉強を進めようと。
 日々、感謝です、アーメン。

 

  2007.03.18 Sunday
近々、愛読者ページに投稿
 らくがき帳にお返事をいただいたので、火曜日に時間とれればお返事書こうと思っています。三浦綾子愛読者ページが週刊なので、忙しい今日この頃でも、細々とですが投稿できるのは、本当に感謝です。4月になると、自分の時間が少し持てるようになるので、それを楽しみに、疾風という名の3月の残りを走っていこうかと。

 

  2007.03.13 Tuesday
今日休みだったけれど…
 いろいろあって今日はHP更新用の時間がとれなそう。気が付けば夜10時、今日はもうねます

 

  2007.03.11 Sunday
ものすごく個人的書き込み
 5月になったら、今年受けようと思っている国家試験の勉強を始めようと思っています。週末に時間があるときには、東京まで赴いて、指導してもらおうかと。ただそうすると教会へ通えない日々パート2を今年やることになってしまう。ただ、最近、年齢的に、働きながら勉強を続けるのはあと、3年くらいが限界なんじゃないかという果てが遠くに見えてきて、家庭を持ってからだと、とても勉強なんて口にできなくなるし、今しかできなっから、やろうかと。

 

  2007.03.06 Tuesday
リンク集の再編完了
 リンク集の再編だけで3時間ほどかかってしまった。法律の勉強のほうもそろそろ再開しないとヤバそうなので、それぞれの時間の調整を…主よ、大変お手数ですが、よろしくお願いします、と祈るこの頃…アーメン。

 

  2007.03.04 Sunday
ほんの少し
 時間があったので、ネット喫茶より書き込みしております。三浦綾子愛読者ページのらくがき帳に、ご返事いただいているので、火曜日にお返事書いて投稿させていただこうかと…。

 

  2007.03.03 Saturday
それと…
 ゲ…リンク集を再編する作業、を一年位前にやってて、いそがしくなって、そのままだったことに今、気がつきました。火曜日リンクの追加、修正を行う予定です。リンクが切れてしまっていた方…大変申し訳ありませんでした。あとデボラさんのHP「Welcome to the World of Miura Ayako」を1年前リンクに追加しようとしたまま、HP上には表示されていなかったことにも気づきました。こちらも火曜日に追加します。
 コーナーについても構想はいろいろあったんだけど、どれも未完だったりするので、私の気づいてなさそうな、なにか不具合あるときには、教えてください。

 

  2007.03.02 Friday
お見舞い再開
 面会謝絶がとけたようなので、お見舞いを再開しました。ただ、記念ページとの両立を何とかやってみようかと、先日、書き込みしていて、昔の情熱が、ふつふつと蘇ったから。やっぱり、三浦綾子さんは自分にとって大切な存在です。次は、3月6日火曜日更新予定。

 

  2007.02.26 Monday
愛の鬼才の感想文完了
書く…といってから半年以上たってやっとかけました。次は「愛すること信じること」か「塩狩峠」か「風はいずこより」かな。

 

  2007.02.25 Sunday
仕事が少し早めにおわったので2
私という人間は、5年近く前、自分の人生というものを見て、深く深く絶望して、かなり精神的に追い詰められた時期を過ごしたことがありました。その時、助けてもらったのが三浦綾子さんの本で、くもの糸のように私を絶望から掬い上げてくれた、その助けてもらったという思いが、キリスト者としての活動の根本にあります。その根本に立った場合にお見舞いとHPの活動と天秤にかけると、どう考えても目の前に困っている方へのお見舞えを優先する形になりました。ただ、今そちらを中断する形になっていままで、そっちのほうに注いでいた情熱というかエネルギーがありますので、それを再びネットのほうに向けようと思ったしだいです。ただどんなにがんばっても週一更新になると思います。でも無理せず、がんばってみようかと。

 

  2007.02.24 Saturday
仕事が少し早めにおわったので1
 ネット喫茶に来て、書き込みをしております。前回、HPの再開という形でコメントできた背景には、実は以前、ここにも書いたことのあるんですが、今の私にはキリスト者としての活動とHPの管理人としての活動と両立できるだけの時間的余裕がない感じです。それで1年ほどはキリスト者としての活動を優先して、具体的にいえば教会のご年配の方へのお見舞いを1年2ヶ月ほど続けてきたのですが、ご年配の方の健康状態のご事情で、お見舞いをいったん中断せざるおえない事態に、先週からなりました。

 

  2007.02.20 Tuesday
ひさびさに活動再開
 今日は休みでしたので、HPの方に届いていたメールの返信等を一か月分まとめてやっていました。あと2時間時間があるので、HPのコーナーの読み物をかこうかと…。すごいひさびさ。でも、近々このHPに再び火をいれようかと、思っています。

 

  2007.01.04 Thursday
大晦日にあったこと4
次に、キリスト教会は何かできなかったのか。もしどなたかに「自殺していいですか?」と聞かれた場合、わたしは、安楽死…あるいは尊厳死がてきようされるべき自体以外の場合には、もちろん「やめてください」と答えます。わたしがかかわることによってその事態を回避できるような場合には。わたし自身、精神的にかなりおいつめられた時期を体験していますし。つきつめて考えるとキリスト教会ができることって行動及び言葉で2000年前にイエスが示した愛を体現することだけだと思うし。その2つを具体的にどうやっていくか…。伝道所自体は1ヶ月に一度の礼拝を守るので精一杯だし、高齢化で母体の教会も今の規模の礼拝や活動をを維持する以上はできないだろうし。いま、ネットに書き込みながら考えたのは一信徒として自分に何ができるだろう…。ひとまずぱっと思い浮かんだのはクリスチャンリンク集にある石川伝道所のHPを終了して郡山教会と石川伝道所ページを三浦綾子記念ページに追加してみよう、と。それから234月は仕事があっぷあっぷなので月一更新にして細々とHPを充実させようということ。

 

  2007.01.03 Wednesday
大晦日にあったこと3
以前石川県の教育委員会だったかな…母子手帳を補足するために作ったような、子育てについての小冊子を見たことがあります。そこには子供という別個の生を尊重することについて、いろいろ具体的に書いてあって、わたしはすごく感動したんですけど、そういったものにもう一歩踏み込んで加筆が必要なんじゃないかと、今回の事件で考えました。子供の人権の尊重について。

 

  2007.01.02 Tuesday
大晦日にあったこと2
江戸時代を背景としている例えば、森鴎外の「安部一族」にしろ、死ななければならない事情は親のあるいは大人の事情であって、それを子供に押し付けるようなことは現代の日本においては、もっと批判的に扱われるべきなんじゃないか、と思うのです。親がこの世のことで絶望するにしろ、子供は別個の人格をもっているわけだし、その絶望を理解できるだけの経験も思考力も、まだないと思うんです。親子といえども別個の人格をもっていること、子供は親の所有物でないこと、について初等教育において親に対してなんらかの形での教育がなされるべきでないかと考えました。

 

  2007.01.01 Monday
大晦日にあったこと1
当教会の伝道所のある石川町で、無理心中がありました。運動公園の駐車場で母一人と小学校のお子さん2人、車の中でなくなっていたそうです。どういった事情があったかはニュースで見た程度なのでわかりませんが、わたしはこの家族心中という言葉が、きらいです。たとえば男女の無理心中は江戸時代の戯作などにも描かれていますし明治時代にもそれについての大きな事件があって、少し前まではメジャーなことだったのかもしれません。互いに愛し合う男女が、そういった方向に互いの意思が向いてしまうような不幸。それは理由付けできそうに思います。 しかし、家族心中の場合。たとえば小学校にあがったばかりの子供が、あるいはもうすぐ中学校に上がる年頃の子供が、経済苦あるいは精神苦を原因とした絶望を親とまったく同じように共有できるかと考えると、できないと思うんです。


更新報告2007年(22)関連ページ

更新報告2013年(2)
三浦綾子記念ページの更新報告のうち2013年分です。
更新報告2012年(5)
三浦綾子記念ページの更新報告のうち2012年分です。
更新報告2011年(15)
三浦綾子記念ページの更新報告のうち2011年分です。
更新報告2010年(30)
三浦綾子記念ページの更新報告のうち2010年分です。
更新報告2009年(37)
三浦綾子記念ページの更新報告のうち2009年分です。
更新報告2008年(29)
三浦綾子記念ページの更新報告のうち2008年分です。
更新報告2006年(47)
三浦綾子記念ページの更新報告のうち2006年分です。
更新報告2005年(114)
三浦綾子記念ページの更新報告のうち2004年分です。
更新報告2004年(12)
三浦綾子記念ページの更新報告のうち2004年分です。